『地域のもやもやを問いにデザインする』(CO-DEJIMA×SHIBUYAQWS 共同イベント)

EVENT INFORMATION

地域のもやもや・・・晴らしませんか?

毎日の様々な仕事や生活の中で、「地域のもやもや」、ありませんか?
こんなにいいところなのになんで?とか、もっとどうにかしたら良くなるはずなのに・・・とか。

その「地域のもやもや」、みんなで一緒に考えてみませんか!

出島にあるCO-DEJIMAと渋谷にあるSHIBUYA QWSのコミュニティ相互対流に向け、「長崎県課題抽出イベント」を開催いたします。

*日時* 2020年07月31日  19:00 ~ 22:00(開場 18:30)
*参加費* 無料
*対象者*
  • 長崎県内市役所/町役場にお勤めの方(3~5自治体)
    ※長崎県からの開催案内文書送付をご希望の方は、以下の問い合わせ先(長崎県 担当:松尾)までご連絡ください。
  • 長崎県内にお住まいの方
*定員* 35人
*問い合わせ先* 長崎県産業労働部 新産業創造課 担当:松尾
TEL:095−895−2525
E−mail:kouji-matsuo@pref.nagasaki.lg.jp

公益財団法人長崎県産業振興財団 新事業創出支援G 担当:小島
TEL:095−800−1390
E-mail:kojima@joho-nagasaki.or.jp
*主催* 長崎県、SHIBUYAQWS
*共催/後援等* 長崎県産業振興財団(予定)
*備考*
  • 参加自治体の皆様は、ありのままの市町の様子や現状、生活感、自慢等、パワーポイント資料(任意様式)の作成、3分程度プレゼンをお願いいたします。
  • あくまでも課題を抽出するイベントであり、抽出された課題いついて、県が課題解決を保証するものではございません。
  • 交通費等については各市町負担でお願いいたします。

長崎県はあの渋谷スクランブル交差点の真横にある「渋谷スクランブルスクウェア」15階に位置する「SHIBUYA QWS」と令和2年度から連携しています。
多様な人達が交流し、社会価値につながるアイデアや新規事業を生み出すことを目指した共創施設「SHIBUYA QWS」と、スタートアップ交流拠点「CO-DEJIMA」で様々な社会の課題から新規ビジネスの創出の機運醸成を図っていきます。

各自治体・長崎にお住まいの皆さまから寄せられた地域の「もやもや」をSHIBUYA QWSのメンバーなどと共有することで新たな『問い』を発見し、さらにそれに踏み込むことで、これまで気づかなかった新たな視点での発見や取り組むべき課題が出てくるかもしれません。
その「もやもや」が実は地域の魅力であったり、また、違う地域の「もやもや」は、自分たちの地域の新しいヒントになったりするかもしれません。

はっきりとした地域の「課題」でなくて結構です。「もやもや」をみんなで晴らしていきましょう!


イベント申込

ありのままの市町の様子や現状、生活感、自慢等を伝える
定員:3~5自治体
※自治体の方で登壇を希望されない場合は、『長崎県にお住まいの方』からお申し込みください。
地域のもやもやをみんなで考える
定員:30名程度

タイムテーブル(予定)

19:00 ~ 19:10
イベント趣旨説明
19:10 ~ 19:30
SHIBUYA QWSプロジェクト紹介
19:30 ~ 20:00
参加者紹介
20:00 ~ 21:30
課題抽出ワークショップ
21:30 ~ 22:00
アウトプット(地域の問い)のシェア
■参加にあたってのご注意
  • イベントの参加申し込みは先着順となります。お早目にお申込みいただきますよう、ご注意ください。
  • 記録・広報などを目的として、イベントの様子を写真や動画で撮影・SNS等で公開する場合があります。あらかじめご了承ください。