第6回スタートアップラウンジを開催しました

少し・・いやだいぶ遅くなってしまいましたが🙇‍♀️、9月に開催されました第6回スタートアップラウンジのご報告です。
                           

第6回のスピーカーには、株式会社テノ.ホールディングス 代表取締役社長 池内 比呂子 氏をお招きいたしました✨
                           

長崎のご出身で、40歳で起業され、今年で創業20年。売上100億円企業へと成長させ、2018年12月には東証マザーズ・福証Qボードへの上場を果たされています。
                           

今回のスタートアップラウンジのタイトルは『女性のライフステージを応援します』だったのですが、㈱テノ.ホールディングスは、まさに女性が直面する育児や介護などのライフステージをサポートする事業を展開されています。(ちなみに『テノ.ホールディングス』という社名は『手の🖐』ぬくもりまで伝えたいという思いが込められています。)

                           
池内社長は普段大きな会場で大勢の方に向けて講演をされているので、登壇のご承諾はいただいているものの、CO-DEJIMAような小さな会場で大丈夫かな・・・というちょっとした心配が😅
しかし、会場に来られた時の第一声の『素敵なところねー♪』で一気に緊張がほぐれました😊
早めに到着されて、CO-DEJIMA周辺を散策されていたそうで、景色があんまり素敵だったからコーヒー飲んできちゃったとのお話もされていました☕️
CO-DEJIMAも気に入っていただけたようで、嬉しいです🥰
                           

創業当初は売上が3万8千円のときもあったそうです。女性が社会進出するという時代背景の中、女性が育児や介護などで働くことを諦めなくていいように、より安価にサービスを利用できるようにしたいとの思いが相まって、会社が成長していったのだと思いますが、何より池内社長の溢れるエネルギーとお人柄によるものも大きいとお話を聞きながら思いました。
会社の収益と社会貢献を同時に行える会社はなかなか無いと思います。それを実現しているのは素晴らしいことだなと思いました👶🍼

上場するにあたって、内部統制やコンプライアンス等様々なご苦労があったとのことでしたが、上場を果たすことによって、社員が成長したともおっしゃっていました。

                           
懇親会は、お帰りの時間の関係で、池内社長は途中退席をなってしまったのですが、時間ぎりぎりまで参加者の皆さんとお話いただきました。なかなか直接お話をする機会が無い方だと思いますので、参加者の皆さんは貴重な時間を過ごせたのではないでしょうか🙂

                           
池内様、ご参加いただきました皆さま、ありがとうございました!✨

この記事を書いた人